ホーム » 受診のご案内 » 薬剤科

Pharmacy薬剤科

薬剤科 診療案内

病院が掲げる『「安全・安心・親切」な地域医療をめざす』に基づき、患者様が安心して医療を受けていただくことができるよう、日々以下のような業務を行っています。

薬剤科業務内容

持参薬確認

入院される患者様が服用しているお薬の内容を調べ、当院で該当するお薬を提案します。
特に複数の医療機関を受診されている場合は、薬効の重複等がないかチェックを行います。
服用量や飲み方を医師に情報提供し、入院中も適切な薬物治療が行えるよう支援します。

処方箋(内服薬・外用薬)による調剤

電子カルテを用いて、患者様のお薬の量、投与時間、投与方法や、お薬の飲み合わせが適切か、上記の持参薬も含め似たようなお薬が重複していないか、チェックを行います。 患者様に応じて錠剤の一包化や粉砕調剤を行っています。
退院時にはその後患者様が自宅または施設等のどちらに帰られるのか、他院からの持参薬が不足しないか、どなたがお薬を管理するのか、次回の受診日までお薬は不足しないか等々を考慮し、お薬の処方日数、調剤の方法(一包化等)も提案しています。

処方箋(注射薬)による調剤

飲み薬と同様にお薬の量、投与時間は適切か、お薬を溶解するのに適切な輸液を用いているか、複数のお薬を溶かして沈殿などの配合変化を起こすお薬はないか、チェックを行い調剤します。 患者様の安全性を高め、看護師の業務の効率化を図るため、患者様ごとに1日分ずつ準備します。

服薬指導

服用しているお薬の薬効、飲み方、注意点などの説明を行い、副作用が現れていないかもチェックします。患者様から得られた情報は医師や看護師等に伝え、より安全な薬物治療が行えるようなチーム医療を心がけています。

お薬の管理

外来や病棟などに常備されているお薬は配置や定数を決め、使用期限のチェックを行い、安全かつ適切に使用されるよう努めています。また麻薬・毒薬・向精神薬・血液製剤なども法律に基づき厳正に管理しています。

スキルアップ

月2回を目安に勉強会を行っています。日々研鑽を積み、その結果患者様の「安全・安心・親切」な医療に貢献できるようにと考えております。